会社概要

代表者経歴

高尾 真人

ジェフ市原ジュニアユース、ジェフ市原ユース、専修大学で選手生活を送る。4年間、川崎フロンターレのスクールコーチとして活動。

2006年より約2年間バンクーバーアイランドユニバーシティ(VIU)に留学しMBAを取得。経営学基礎とダイバーシティ人材とのコミュニケーション形成を学ぶ。留学中にバンクーバーアイランド内の社会人リーグにてプレー。

卒業後、川崎フロンターレで7年間事業部門にて勤務。興行試合の運営及びサッカーに携わるファンイベントの企画運営をしていく中で、サッカー界及び他業種との人脈を形成する。

S__35627059

顧問 高橋和之(日本女子体育大学名誉教授・元学長)

私はユニバーシアード日本女子バレーボール監督時代に数々の海外遠征を経験しました。その折にコミュニケーションツールとして自分の語学力不足を痛感しました。また逆に同行した学生(選手)達が同じスポーツのつながりを持つ仲間同士、難なく言葉の壁を越えて行く様を羨ましく見ていました。

この「株式会社 A to」の理念がまさにそれです。その理念に強く共感しています。留学先の国がカナダであると聞き、微力ながら私のカナダでの経験や人脈などが一助になればと思っております。

このグローバルな時代に必要なことは、人間力のアップだと思います。日本人としての誇りを持ち、物怖じせず堂々と世界を渡り歩いてくださることを皆さん方に期待しております。勇気を持ってチャレンジしましょう!

顧問

高橋 和之

昭和21年2月14日生

昭和43年3月 東京教育大学体育学部卒業

日本女子体育大学学長(平成20年~22年)

現在日本女子体育大学名誉教授

《バレーボール指導暦》

ユニバーシアード日本女子代表監督として

  • 1979年メキシコ大会2位
  • 1981年ルーマニア・ブカレスト大会5位
  • 1983年カナダ・エドモントン大会3位
  • 1987年旧ユーゴスラビア・ザグレブ大会10位
  • 1997年イタリア・シチリア大会3位

日本女子体育大学バレーボール部監督・指導者として
昭和45年以降

  • 関東大学女子一部優勝7回
  • 全日本大学女子選手権大会優勝2回

《主な著書》

  • 「バレーボールの指導」
  • 「バレーボールの教科指導」
  • 「バレーボールのゲームづくり」
  • 他 中学校体育実技関連書執筆

《カナダでの大学間交流》

1984年以降の交流大学

サスカチュワン大学、アルバータ大学、リジャイナ大学 、UBC、ウイニペグ大学、カルガリー大学 他

S__35627059

顧問

高橋 和之

昭和21年2月14日生

昭和43年3月 東京教育大学体育学部卒業

日本女子体育大学学長(平成20年~22年)

現在日本女子体育大学名誉教授

《バレーボール指導暦》

ユニバーシアード日本女子代表監督として

  • 1979年メキシコ大会2位
  • 1981年ルーマニア・ブカレスト大会5位
  • 1983年カナダ・エドモントン大会3位
  • 1987年旧ユーゴスラビア・ザグレブ大会10位
  • 1997年イタリア・シチリア大会3位

日本女子体育大学バレーボール部監督・指導者として
昭和45年以降

  • 関東大学女子一部優勝7回
  • 全日本大学女子選手権大会優勝2回

《主な著書》

  • 「バレーボールの指導」
  • 「バレーボールの教科指導」
  • 「バレーボールのゲームづくり」
  • 他 中学校体育実技関連書執筆

《カナダでの大学間交流》

1984年以降の交流大学

サスカチュワン大学、アルバータ大学、リジャイナ大学 、UBC、ウイニペグ大学、カルガリー大学 他

【コメント】

私はユニバーシアード日本女子バレーボール監督時代に数々の海外遠征を経験しました。その折にコミュニケーションツールとして自分の語学力不足を痛感しました。また逆に同行した学生(選手)達が同じスポーツのつながりを持つ仲間同士、難なく言葉の壁を越えて行く様を羨ましく見ていました。

この「株式会社 A to」の理念がまさにそれです。その理念に強く共感しています。留学先の国がカナダであると聞き、微力ながら私のカナダでの経験や人脈などが一助になればと思っております。

このグローバルな時代に必要なことは、人間力のアップだと思います。日本人としての誇りを持ち、物怖じせず堂々と世界を渡り歩いてくださることを皆さん方に期待しております。勇気を持ってチャレンジしましょう!

創業動機

留学中にプレーをしている際に、カナダ・バンクーバーは芝生のグラウンドがとても多く、少年世代のサッカー競技人口が国内で最も多いのにも拘わらず、ナショナルチームは低迷が続く現状を感じ、その要因が、コーチングスキルの高い指導者が少なく、進学を機に他の競技にながれてしまっている現状にあると感じました。
一方、日本のサッカー界全体の課題として、サッカー選手人口が飽和しており、プロサッカーリーグのJリーガーについても戦力外通告を受けた選手へのケアという点が何もされていない現状があることを痛感。
そのような日本の選手のセカンドキャリアを見据えた上でカナダサッカー界に供給することで、カナダサッカー界の発展および、日本サッカー選手のセカンドキャリアの形成という、両面において寄与できる事業が成り立ち貢献できるのではないかと考え、創業を決意する。

事業概要

①スポーツキャンプのコーディネート事業

日本国内に存在する、スポーツチーム、学連に対し、カナダでのスポーツキャンプの企画及 び運営を行い、実際にキャンプを通じてカナダという国に興味をもってもらいながら、英語に触れ合うことで、英会話留学のニーズを満たすことも目的とする。

②留学・斡旋事業

カナダでのプロ選手志望、語学留学兼ねた学生志望の顧客に対し、カナダのチームや語学学校を紹介するエージェント業を展開。日本女子サッカー(なでしこリーグ)にカナダの選手を紹介斡旋する取り組みも同時展開。

③サッカースクール事業※移民申請許可後

カナダ・バンクーバーに日本のサッカー技術を教える日本式高レベルサッカースクールを開校。まずは基盤つくりのために日本人生徒を中心に集客を始め、5年後には英語が堪能で コーチングスキルが確立されている人物を招聘。尚、コーチングチームは弊社を通じてカナダにやってきた選手の受入先として活用。そのチームにおいてカナダ人の指導者に対する教育をして、カナダ全体の指導者のレベルを上げる。  

④インターンシップ事業

カナダでの学生・企業へ向けたインターンシップをコーディネート。語学習得・北米のスポーツ文化を学ぶ内容を展開。

事業概要

①スポーツキャンプのコーディネート事業

日本国内に存在する、スポーツチーム、学連に対し、カナダでのスポーツキャンプの企画及 び運営を行い、実際にキャンプを通じてカナダという国に興味をもってもらいながら、英語に触れ合うことで、英会話留学のニーズを満たすことも目的とする。

②留学・斡旋事業

カナダでのプロ選手志望、語学留学兼ねた学生志望の顧客に対し、カナダのチームや語学学校を紹介するエージェント業を展開。日本女子サッカー(なでしこリーグ)にカナダの選手を紹介斡旋する取り組みも同時展開。

③サッカースクール事業※移民申請許可後

カナダ・バンクーバーに日本のサッカー技術を教える日本式高レベルサッカースクールを開校。まずは基盤つくりのために日本人生徒を中心に集客を始め、5年後には英語が堪能で コーチングスキルが確立されている人物を招聘。尚、コーチングチームは弊社を通じてカナダにやってきた選手の受入先として活用。そのチームにおいてカナダ人の指導者に対する教育をして、カナダ全体の指導者のレベルを上げる。  

④インターンシップ事業

カナダでの学生・企業へ向けたインターンシップをコーディネート。語学習得・北米のスポーツ文化を学ぶ内容を展開。

当社の特徴

カナダサッカーチーム及び語学学校とのパイプ

日本サッカー協会等、国内での経験及び人脈

サッカースクールの運営・各種企画等経営者の経験ノウハウ

カナダにはない高品質サッカースクール

企業情報