召田咲選手 1週間のサッカー語学留学で奨学金へアピール!

投稿日: カテゴリー: 体験ブログ参加者の声

この度、尚美学園大学様のご紹介により、女子サッカー部3年生の召田咲選手が、弊社の仲介でカナダ バンクーバーとビクトリアへ1週間のサッカー語学留学を実施。

語学学校に通いながら、卒業後の進路としての奨学金特待生での留学に向けて現地大学2チームへの練習参加を実施、見事両大学の監督から2019年度の特待生での獲得の意向をいただきました。

上記のように株式会社A toでは、大学卒業後も1年間サッカー部でプレーでき(高校卒業の場合5年間)、英語が堪能でない大学付属の語学学校の学生でもサッカー部として活動できる現地大学リーグとのネットワークを駆使して長期スポーツ語学留学を推奨しています。

2018年度の募集も男女ともに随時行っていますので、ご興味のある方は下記までご連絡ください。

info@ato.academy

また今回のサッカー語学留学を経ての召田さんの感想を体験者の声として掲載しますので、ご興味のある方はご参考いただければと幸いです。

 

初日は長いフライト✈からやっとバンクーバーについたあと、ホストマザーのミーナが迎えにきてくれていました!フィリピン人の方で、よく笑い、よく話す人です!英語を間違っていてもたくさん聞いてくれるし、笑ってくれるし楽しかったです!ですが、流石に疲れていて移動中の車では眠くて大変でした。😴

ミーナの家は3階建てですごく大きかったです。荷ほどきをして、お土産を渡しました!日本のものあげるより、お菓子とかの方が嬉しかったかな?と反応を見て少し思いました!笑
基本的に三食出してくれますが、ミーナはお腹が空いたらなんでも勝手に好きなものを食べていいよ!っていってくれたので、お腹が空いたらパンを焼いたり、果物を食べたり自由に過ごせました🍞

着いてすぐ、1時間後に、ミーナの娘さんのジャッキーと山を走りに行き、そのあとサッカーをしました!ジャッキーは日本のクラブチームに留学に行くほどサッカーがうまくて、カナダではプロとして活動してます⚽!日本語も少し話せるのでたまに出てくる日本語が可愛かったです!家の近くにハイキングコースがあって雨の中走りました!想像以上に早くて驚き、さらにその後、坂をダッシュしにいく!っと言われてついていくと坂ダッシュ、、、笑 ハードなうえに、ストイック最強でしたね。、、、

次の日は月曜日から学校、ミーナがバス🚌と電車🚃で使えるsuicaのようなものを用意してくれてました!学校までは片道1時間ちょい、なが〜と思いつつもちゃんと通えました!初日は学校の方が案内をしてくれましたよ!

留学は初めてじゃないのですが、知らないところに、知らない人に会うのはいつでも緊張します。学校では最初にクラス分けテストと、一対一の別室で軽く面談を行いました!そこで先生が自分のクラスを振り分けてくれます!

その後学校の説明などをひたすら英語で聞きました!正直なんて言ってるかはさっぱりわかりませんでしたが、聞くだけ聞いておきます。笑 クラス分けには初めて学校に来る人だけが行われるのですが、日本人もいました!正直私は英語ができないので、聞かれたことを単語単語でやっと読み取れても、会話で返せない。😕相手も戸惑い、私も戸惑いコミュニケーションがうまく取れませんでした。それがすごく気持ちを沈ませました、、、さらに他の日本人は何だかんだコミュニケーションを取っている人もいて、英語ができないことを痛感いたしました。

それでも、学校の後はジャッキーと約束してメトロタウンという一番大きなモールに行きました!クラス分けテストでできた日本人の友達も一緒にです!え?日本人かよ、って思う人もいると思いますが、日本人の友達だって大事です!心のゆとりにもなりますし、最初は正直不安ですから!

何だかんだ買い物🛍が楽しくて学校の不安は消えていました。笑

その後、火曜から金曜わたしは午前が授業で午後はフリー好きなことをしました!今回一週間の留学だったので、午後がフリーでも時間が足りませんでした😞もう少し滞在したかったです。本当に後悔。

わたしの分けられたクラスはビギナーのクラスでその中でも四つに分かれて自分に合った場所を指定してくれます!わたしのクラスでは優しい先生がいて、何でも聞いてくれるし、何でもはなしてくれます!😏わからないことは何でも聞きましょう!やさしくおしえてくれて、コミュニケーションの練習にもなるし、英語で英語の勉強をしている感じでより上達する気がします。

クラスのみんなはたまたま日本人が1人もいなくて、心細かったのですが、いなくてラッキーでした!より外国人の友達が増えましたし、学校で日本語を話す機会が減ります✌クラスメイトの人種は様々で、コロンビア、ブラジル、メキシコ、韓国、中国、すごいよくわからない難しい国、ほんと様々でした!お互い英語ができないのでわかる単語同士で会話して、質問もたくさんして積極的でした!日本人は文法ができても話せない、発言がなかなかできない、これはどの日本人も共通で、もっと積極的にスピーキングしなきゃほんとにダメですね!恥ずかしがらずたくさん喋ることが近道のようです!

次はサッカーです!⚽✌
今回のメインはチームにどれだけ自分をアピールができるかどうかです。チームに入る時が一番緊張しました!以外に話しかけてくれる人は少なくて驚きました!わたしに話しかけづらい雰囲気がかもしだされているのかな〜と思いつつも、プレーは始まり、サッカー用語はなんとなく伝えられるのですが、うまく伝わらず、すんごいもどかしかったです。なかきってと、とか、もっとプレスいって、とか入ってきたばかりのやつに言われるのはきっと嫌だろうなと考えていたら遠慮している自分がいました。、、、

変えなきゃ変えなきゃ!って思ってたんですが、ゲームが始まると自然に声をかけてしまうもので、声をかければかけるほどコミュニケーションはふえる😁😁遠慮なんかいらないと気づきました!何を言っても、チームメイトはやさしくて、good job!!! Nice!!と褒める言葉をたくさんくれます!

遠慮して何事も話さないのはもったいないなとは思いました、けどそれがおそろしく難しい。笑

日本との違いも短い中で気づくことは多くて、生活の違い、食べ物の違い、人からの違い多くのものがありました!あと、基本的にショップの店員さんは雑。😳

空いてる時間は電車やバスを使って、なるべく行けるところにたくさん行きました!行動的なので有名なところはなるべくかたっぱしから!

週末はフェリーでビクトリアまでいって、さらにもう1チームにプレーをアピールしに行きました!🚢

サッカーをしにいって、サッカーだけをしに行くだけでなくて、自分が日本ではどんなプレーしているのか、を伝えれたらよかったです、ボールを取りに行く、ディフェンスを積極的にする、話そうとすること、それも大事かなと思いました!

グランビルでのホームステイ先はミーナのうちをさよならして、老夫婦のオランダ人の家でした!すごく光が当たる明るい家で、部屋のデザインがとっても綺麗でした!ペップと、その夫のケイシーです!
2人とも、いつもコーヒーか、紅茶飲む?クッキーは食べる?いつも聞いてくれました!さすがおじいちゃんおばあちゃん👵👴やさしくてとっても好きでした👧🏻

1週間と短い期間でしたがすごく充実していました!
サッカー中もそうですが、今回で自分の英語の出来なさを痛感しました!サッカーで特待生で留学できるときに向けて今から英語の勉強をしっかりしていきたいです!卒業後がとても楽しみになる1週間でした。